NetKids iMark Agent for Linux/Solaris 更新詳細


更新日 Agent for Linux/Solaris Ver.
2016.08.22 V4.10
2015.09.24 V4.00
2015.01.07 V3.24
2014.06.18 V3.23
2013.11.18 V3.22
2013.06.10 V3.21
2012.12.10 V3.20
2012.08.06 V3.14
2012.02.20 V3.13
2011.05.23 V3.12
2010.07.20 V3.10
2010.02.18 V3.07
2010.01.05 V3.06
2009.06.24 V3.04
2009.01.20 V3.03
2008.07.15 V3.00

V4.10 の主な変更点(2016/08/22)

  • ○バージョン4.1(2016/08/22)
  • iMarkエージェント監視に「UNIX:CPU毎稼働率」監視機能を追加。[5757]

V4.00 の主な変更点(2015/09/24)

  • バージョン番号を4.00へ変更。
    ※V3.24エージェントと機能は同じで互換性があります。

V3.24 の主な変更点(2015/01/07)

  • バージョン番号を3.24へ変更。
  • RedHatEnterpriselinux 7.0 に対するエージェント監視の対応。[4869]
  • エージェントデータ取得「linux:空きメモリ容量(KB) free+cached+buffer」の「vmstat」バージョン3.3.9 への対応。[4867]
  • linux エージェントへの「UNIX:CPU稼働率」監視で、誤った高負荷値の取得が継続する問題の修正。[4600]

V3.23 の主な変更点(2014/06/18)

  • バージョン番号を3.23へ変更。
  • エージェントデータ取得「UNIX:ファイル監視」仕様変更。[3768]
     ・エラーメッセージ追加。
      「検索文字列が指定されていません」
      「メモリの取得に失敗しました」
      「ファイルのアクセスに失敗しました」
      「チェックが時間内に完了していません」
      「1行あたりの文字数が1MBを超えています」
     ・検索速度の向上。
     ・計測値を文字列検知行数から文字列検知個数へ変更。
     ・ファイル差分が大きい場合に応答が返らない問題の修正。
     ・linux への「UNIX:ファイル監視」で監視対象ファイルの最大ファイルサイズを4GBとするよう変更。
      ※Solaris への「UNIX:ファイル監視」での監視対象ファイルの最大ファイルサイズは2GB
  • エージェントデータ取得「UNIX:ファイル監視」実行時にエージェントのメモリ使用量が特定のケースで増加する問題の修正。[4193]

V3.22 の主な変更点(2013/11/18)

  • バージョン番号を3.22へ変更。

V3.21 の主な変更点(2013/06/10)

  • バージョン番号を3.21へ変更。
  • UNIXエージェントのエラーメッセージを文字コード「UTF-8」に統一。

V3.20 の主な変更点(2012/12/10)

  • バージョン番号を3.20へ変更。
  • Linuxエージェントへの「UNIX:/ ディスク空き容量(MB)」監視で、ディスクサイズが 4TB を超える場合に正常な値を取得できない問題の修正。

V3.14 の主な変更点(2012/08/06)

  • バージョン番号を3.14へ変更。

V3.13 の主な変更点(2012/02/20)

  • linuxエージェントへの「UNIX:CPU稼働率」監視で、計測値「101」を取得するケースの修正。

V3.12 の主な変更点(2011/05/23)

  • ハイスペック機のSolaris への「UNIX:CPU稼働率」の取得結果が「100」になる問題の修正。
  • V3.10 SPARC Solaris エージェントで、「UNIX:プロセス数」監視実行時にエージェントが異常終了する問題の修正。

V3.10の主な変更点(2010/07/20)

  • バージョン番号を3.10へ変更。
  • Solarisエージェントに対する「UNIX:CPU稼働率」監視で、エージェント起動後初回の取得値が「100%」になる問題の修正。

V3.07の主な変更点(2010/02/18)

  • バージョン番号を3.07へ変更。
  • ファイル監視で、検出文字列に正規表現を用いた場合に検出されない問題の修正。
  • linuxエージェントで「UNIX:CPU稼働率」監視時に、標準出力に「IN」「OUT」が出力される問題の修正。
  • linuxエージェントに対し、複数箇所から「UNIX:CPU稼働率」を取得すると、エージェントがエラーにより終了する問題の修正。

V3.06の主な変更点(2010/01/05)

  • バージョン番号を3.06へ変更。
  • NMAP等のツールでエージェント使用ポートに対してポートスキャンを実行すると、エージェントからの応答がなくなりエラーとなる問題の修正。
  • ファイル監視で、検索対象の文字列がチェック時の1文字目から出力された場合に正常に検出できない問題の修正。

V3.04の主な変更点(2009/06/24)

  • エージェントデータ取得「UNIX:CPU稼働率」で、誤った値を返す問題の修正。

V3.03の主な変更点(2009/01/20)

  • バージョン番号を3.03へ変更。
  • エージェントデータ取得「UNIX:プロセス数」で、プロセス名を指定しない場合、プロセス総数の取得ができない問題の修正。

V3.00の主な変更点(2008/07/15)

  • iMark 本体のバージョンアップに伴うバージョンアップ。
    ※V3から通信ポートが TCP 3762に変更になり、V1,V2との互換性はありません。