NetKids TrapView概要


『NetKids TrapView』はSNMP Trapを受信して情報を表示、通知を行うソフトウェアです。
ルータやスイッチ等のSNMPエージェントから発せられる異常事態(SNMP Trap)を即座に受信し、管理者等必要な方へ様々な通知方法で伝えることが可能で ネットワーク機器の異常を察知することに役立ちます。

■特徴

・手軽で設定等が簡単です。

・豊富な通知機能を有しています。

・SNMP MIB定義ファイルの読み込みが可能です。

・受信 OIDを、MIB定義ファイルに従って変数名で表示する事が可能。

・MIB変数値による閾値判定が可能です。

・簡単なノード情報をインプット可能です。

・SNMP V3トラップ受信をサポート


■動作環境

本体対応OS Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
CPU Pentium4以上
メモリ 512MB以上(推奨:1GB以上)
ハードディスク 30MB以上(ログ出力分・MIB定義ファイル追加分は考慮していません)


■仕様

製品名 NetKids TrapView(ネットキッズトラップビュー)
現行Ver. Ver.3.2.2
保守 ・現行メジャーバージョンは無償保守になります。
※旧バージョンはFAQ対応のみとなります。
ライセンス ・本体ライセンス:20ノード
・追加ライセンス:10ノード
※詳細は「ライセンスの考え方」をご覧ぐたさい。
提供メディア ・パッケージ(CD-ROM、証書類)
開発元・販売元 ・株式会社アイ・エス・ティ
インストールサービス ・インストール・監視/通知設定・操作説明など
・1日15万円から(作業場所により交通費・宿泊費別途)


■弊社ラインナップ

NetKids TrapView V3
本体
20ノードまでの登録が可能です。
NetKids TrapView V3
追加ライセンス
本体に対して、10ノードずつの追加ライセンスになります。
NetKids TrapView V3
無制限版
ノード制限がない商品になります。
(監視端末の数は1OSまでとなります。)

※詳細は「ライセンスの考え方」をご覧ぐたさい。